Perlの補完機能付きインタラクティブモード perlsh

前回の記事の続き。

今回はperl。

探してみると、やっぱり対話型インターフェイスを作ってる方がいますね。
メソッド名などの補完も行ってくれるものとして、perlshがありました。
perlshは、Term::ReadLine::Gnuライブラリに付属してます。

Term::ReadLine::Gnuのインストールには、cpanを使うと便利です。
普通にyum install perlとかしとけば、cpanコマンドも付いてくるっぽい。

ただ、私のCentOS 5.1だと、cpan経由のライブラリダウンロードURL (urllist)の
設定がされてなかったので、下記リンク先を参考にしてurllistを設定しました。
http://www.drk7.jp/MT/archives/000885.html

そして、Term::ReadLine::Gnuライブラリをインストールするわけなんですが、
事前にreadlineライブラリ等をyumなどを使ってインストールしとかないと、うまくインストールできないらしいですhttp://www.hasta-pronto.org/archives/2006/08/20-0408.php参照
私の環境では、すでにインストール済みだったので、特に問題ありませんでした。

Term::ReadLine::Gnuライブラリのインストールからperlshを使うまでの流れは以下、

$ cpan install Term::ReadLine::Gnu
$ perl ~/.cpan/build/Term-ReadLine-Gnu-1.17/eg/perlsh
main[1]$ use utf8
main[2]$ utf8:: [TAB]
utf8::             downgrade          is_utf8            unimport
AUTOLOAD           encode             native_to_unicode  upgrade
decode             import             unicode_to_native  valid
main[2]$ exit   #終了

perlshファイルは、実行パスの通ってるディレクトリに入れておくと起動が楽です。