e-mobile接続時に割り当てられるIPアドレス範囲

諸事情により、e-mobileのデータ通信カードが手元にあります。
データ通信カードを使ってインターネットに接続する際に割り当てられるIPは、接続毎に変化します。
この割り当てられるIPアドレスの範囲が気になったので調べてみることにしました。

これは、whoisサーバを使えば調べられます判明したIPアドレスの範囲すべてがe-mobile接続時に割り当てられうるとは限りませんが

#とりあえず、接続した際に割り当てられたIPアドレス(114.48.45.211)で調べる
$ whois -h whois.apnic.net 114.48.45.211
% [whois.apnic.net node-2]
% Whois data copyright terms    http://www.apnic.net/db/dbcopyright.html

inetnum:      114.48.0.0 - 114.51.255.255
netname:      eMobile
...<略>

#netnameがわかったので、その名前で調べ直す
$ whois -h whois.apnic.net eMobile
% [whois.apnic.net node-2]
% Whois data copyright terms    http://www.apnic.net/db/dbcopyright.html

inetnum:      60.254.192.0 - 60.254.255.255
netname:      eMobile
...<略>

inetnum:      117.55.0.0 - 117.55.127.255
netname:      eMobile
...<略>

inetnum:      119.72.0.0 - 119.72.255.255
netname:      eMobile
...<略>

inetnum:      119.72.0.0 - 119.72.255.255
netname:      eMobile
...<略>

なお、inetnumやnetnameの仕様はこちらで規定されてます。

whoisプロトコルに関するメモ

whoisプロトコルの仕様は、RFC3912で規定されています。whoisサーバはTCP 43番ポートでListenするとか、データの区切りが<CR><LF>であることがRFC3912によって決められています。

RFC3912にはwhoisサーバとの通信例として下記が載っています。

clientがwhoisサーバ(whois.nic.mil)にSmithについて問い合わせた場合の通信例。

   client                           server at whois.nic.mil

   open TCP   ---- (SYN) ------------------------------>
              <---- (SYN+ACK) -------------------------
   send query ---- "Smith" -------------------->
   get answer <---- "Info about Smith" ---------
              <---- "More info about Smith" ----
   close      <---- (FIN) ------------------------------
              ----- (FIN) ----------------------------->

実際の所、RFC3912ではsend queryやget answerの部分でやりとりする情報について何も決められていません。

やり取りする情報はwhoisサーバによって変わります。
例えば、APNICのwhoisサーバの場合、各団体へ割り当てを行ったIPアドレス範囲の
問い合わせや応答に使われます。

APNICのwhoisサーバがどのような情報を返すかは下記リンク先を参照してください。
http://www.apnic.net/info/faq/apnic_faq/about_whois.html

なお、APNICの場合、IPアドレス範囲はinetnumという名称でしたが、
ARINのwhoisサーバの場合、NetRangeという名称になります。
http://www.felix-colibri.com/papers/web/whois/whois.html

このあたりは、各団体ごとに仕様がバラバラのようです。